ブルーレイをMP4に変換!ブルーレイMP4変換ソフトがあればスマホでもハイビジョンを楽しめる!

要約: 本記事では、ブルーレイドライブ不要でさまざまなデバイスでブルーレイの映像を視聴できるように、ブルーレイをMP4に変換することをおすすめします。また、ブルーレイの特徴とブルーレイをMP4に変換できるおすすめのソフトやブルーレイ MP4 変換の方法を詳しく紹介します。

 

ブルーレイをMP4に変換・リッピングする方法

 1.    ブルーレイディスクをMP4に変換するメリット

ブルーレイ(Blu-ray)は高画質、ハイビジョン、DVDより容量が大きいなどのメリットで、多くのメデイア愛好者に愛用されています。視聴者に驚異の映像体験をもたらする同時に、再生する際専用のブルーレイ対応のプレーヤーやドライブがなくては、再生できないという不便ももたらします。専用のプレーヤーやドライブを持っているとしても、AACSやBD+、Cinaviaなどのコピーガードの原因で、一部のブルーレイプレーヤーで市販のブルーレイ映画を再生できない時もあります。

それに、移動中に、スマホやタブレットなどの移動端末でブルーレイのハイビジョン映像を楽しみたいとき、ブルーレイを再生できないのも不愉快な体験でしょう。このような不愉快を解消するために、ここではブルーレイを汎用的なMP4フォーマットの動画に変換するという解決策をおすすめします。

ブルーレイをMP4に変換・リッピングする方法

自作のブルーレイをコピー、変換などで処理できるツールが多いが、市販/レンタルのブルーレイをMP4に変換できるソフトはそれほど多くではありません。市販・レンタルのBlu-rayムービーは、通常の手段では変換し難いです。なぜなら、市販/レンタルブルーレイをMP4にリッピングするには、まずブルーレイにかかっているリージョンコード、コピーガード、AACS、リージョンコード、BD+、BD-Live、UOPsなどのプロテクトを解除さなければいけないです。ですので、機能が完備で、日本語にも対応するような完璧なブルーレイMP4変換ソフトは更に少ないです。

ちなみに、MP4の動画形式は一般のデバイスでも再生できるため、最も汎用性の高い動画形式として広く使われています。MP4の動画形式を出力形式として変換するには、高画質をそのまま保証できる他、デバイスの相性や再生するときの失敗率などをご心配することなく、自由にどのようなデバイスでも手軽に視聴できます。

 2.    コピーガード解除しブルーレイをMP4に変換する最強のソフトオススメ

 2.1 ブルーレイをMP4に変換するならやはりDVDFab!

引き続き、以上のニーズを満足する最強なツールをご紹介しましょう!DVDFab社は17年間絶え間なくしてDVDやブルーレイなどのメディア業界で実用な製品をリリスし、人々の視聴体験を向上させるために努力していきました。DVDFabBlu-rayリッピングはその中の代表的な製品です。業界最強のブルーレイ変換ソフトといっても過言ではないほど素晴らしいリッピングソフトです。

DVDFab Blu-rayリッピングは、強力なブルーレイ MP4 変換 ソフトとして、市販のBlu-rayムービーや3Dムービーを目的のデバイスで再生可能な動画に高画質かつ高速で変換できます。MP4に変換だけでなく、この素晴らしいBlu-ray リッピングソフトは高自由度の編集機能を搭載されています。

変換する動画の出力対応フォーマットは非常に多くて、高画質動画で使用されるH.265を含み、MP4/AVI/FLV/MKV/MP3/M4A/WMAなど幅広くカバーしています。それに、iPhone/iPad/Android スマホ・タブレット/PSPなど各端末に最適な動画変換プロファイルもご用意するので、MP4のような汎用な形式だけでなく、具体的なデバイスに応じてブルーレイを直接に変換するのは便利です。

ブルーレイをMP4に変換・リッピングする方法

更に、ブルーレイをリッピングする際、「詳細設定」のタブでチャプター/オーディオトラック/字幕を自由に選択できるほか、画面解像度/フレームレート/ビットレート/ビデオ・オーディオコーデック/オーディオチャンネル/音量など、詳細なパラメーターを調整できます。また、「編集」タブを使用することで、クロップ(画面切り抜き) /トリム(不要ムービー箇所削除)などでビデオ編集を行え、映像にウォーターマーク、画像や字幕を追加することも可能です。この自由度の高い編集機能で自由に動画をカスタマイズできます。

 2.2 ブルーレイMP4変換方法・DVDFab Blu-rayリッピングの使い方

それではブルーレイをMP4に変換する具体的な操作をしましょう!まず説明しておきたいことに、DVDFabのこの強力な変換ソフトはあくまでも完全無料のソフトではないが、以上の全機能を全部試用できる無料体験資格が手に入れます。下記のボタンを押して、30日間の長い間で、3つのブルーレイソースまで変換できます。

(1)    リッピングモジュールを選択し、ブルーレイソースを追加する

DVDFabを起動し、「リッピング」のモジュールをクリックして、ブルーレイディスクを挿入してください。ソースがフォルダまたはISOファイルの場合、「+」ボタンでソースを追加し、またはソースファイルを直接にメインインタフェースにドラッグ&ドロップしてください。

ブルーレイをMP4に変換・リッピングする方法

(2)    出力形式をMP4に指定する

インターフェイスの中にある「他のプロファイルを選択」をクリックしてから、「フォーマット」「ビデオ」の順でMP4の動画形式を見つけて選択します。

ブルーレイをMP4に変換・リッピングする方法

(3)    ニーズに応じてカスタマイズする

カスタマイズする必要がない場合はこのステップをスキップしてもいいです。インターフェイスの「詳細設定」タブで、解像度、ビットレートなどを変更や設定できます。紹介したいのはこの強力な編集機能です。編集のタブでは、アスペクト比の設定、回転、明るさ、コントラスト、彩度、輝度などのビデオプロパティの調整、ビデオのいらない部分をトリム・削除、テキスト、画像など透かしの追加や、外部字幕を編集する機能が全部揃えています。自由に選択してください!具体的な調整する方法は下記の参考記事『DVDを直接に編集したい』という記事をご参考まででいいし、DVDでなりながら編集方法は大体同じですのでご参考になれます。

ブルーレイをMP4に変換・リッピングする方法

(4)出力場所を設定し変換を開始

インターフェイスの「他のタイトルを選択」のタブでは変換したいチャプターを指定できます。上記すべての設定が完了したら、左下をクリックして出力動画の保存する場所を設定し、右下の「開始」ボタンを押せば、ブルーレイをMP4への変換が開始されます。

 3.    ブルーレイ MP4変換ソフトまとめ

 3.1  ブルーレイ MP4 変換 おすすめソフト1:HandBrake

ブルーレイをMP4に変換・リッピングする方法

Handbrakeは有名なリッピングソフトで、DVDやブルーレイに対応し、WindowsでもMacでも使える無料なブルーレイMP4 変換ソフトです。更に、字幕選択、ブルーレイ動画編集、リサイズ調整、内蔵プレーヤーで再生するなどの機能も備えています。出力形式は主にMP4とMKVという汎用性の高いフォーマットになりますので、リッピングされた動画は一般のデバイスで再生できます。

しかし、ディメリットもあります。まずはブルーレイコピーガードに不対応という点です。市販やレンタルなどの暗号化されるブルーレイディスクを処理できないのは不便でしょう。そして、海外ソフトなので、英語しか表記されていないので、使用する際日本語化する面倒も掛けます。バージョンが古く、専用用語も多く、インターフェイスも複雑に見えて、初心者にとっては使いにくいかもしれません。それに、出力するフォーマットの種類が少ないのもディメリットでしょう。

ブルーレイをMP4に変換・リッピングする方法

使用方法としては、「Source Selection」モジュールで変換させたいディスクを選択し、メイン画面のOpen Source(ソースを追加)、Start Encode(エンコードを開始)、Add to Queue(変換リストに追加)、Show Queue(変換リストを表示)、Preview(プレビュー)とActivity Log(操作ログ)など六つの操作ボタンと、Picture(画面)、Filters(フィルタ)、Video(動画)、Audio(音声)、Subtitles(字幕)とChapters(チャプター)という六つのカスタマイズタブで試してみましょう。

公式サイト👉 https://handbrake.fr/
おすすめ度:★★★

 3.2    ブルーレイ MP4 変換 おすすめソフト2:VidCoder

ブルーレイをMP4に変換・リッピングする方法

VidCoderはHandbrakeの簡略版と称され、Handbrakeと同じエンジンを使っているがHandbrakeより使いやすいブルーレイMP4 変換フリーソフトです。Blu-rayデイスク、ISO イメージファイル、その他各種動画ファイルを、H.264 / H.265 / MPEG-4 / MPEG-2 / VP8 / VP9 / Theora 圧縮の MP4 / M4V / MKV に変換することができます。ブルーレイをMP4に変換するだけでなく、カット、字幕合成、インターレース解除、ノイズ除去、リサイズなど多様な機能も搭載されています。使用上ではHandbrakeより簡単で、日本語版も提供されるので、あまり難しいではありません。

しかし、VidCoverも同じく、コピーガードには対応できません。ですので、自作ブルーレイのみ処理できて、暗号化される市販ブルーレイディスクの場合では使いになれないです。それに、Windows用のソフトで、Mac OSには実行できません。画質の方では、元の画質を維持して原画画質のまま出力する選択肢が提供されていないので、原解像度で出力するのは保証できません。

使い方として、インターフェースに「ここにビデオファイルかフォルダーをドラッグします」のところに、変換したいBlu-ray フォルダ/ ISOファイルをドラッグ&ドロップし、フォルダー名の右にある「タイトル」をクリックして変換対象のタイトルを選択してから、「出力パスを選択」ボタンで出力先フォルダを選択すれば、変換するプロセスを大体完成します。

公式サイト👉https://vidcoder.net/
おすすめ度:★★

ブルーレイをMP4に変換・リッピングする方法

総括:以上の2つのブルーレイMP4変換のできるソフトは全て完全無料なソフトです。暗号化されるブルーレイディスクには対応できないから、「ブルーレイ・BDを変換できない」というユーザーからの文句がよく聞こえます。実はブルーレイに不対応なわけではなく、暗号化されるBDのほうが多いから、読み取れないケースが多いからでしょう。コピーガードに不対応という点を考えて、利用する価値は如何に有るのかについて、検討する必要性はあるでしょう。また、日本語不対応という不便性はともかく、フリーソフトなので、ウイルス感染される危険性を軽く見くびることはいけません。使用する際には、注意また注意を払いましょう!

 4.    まとめ

本記事では、ブルーレイをMP4に変換・リッピングする方法と利用できるソフトを紹介しました。機能性、実用性と安全性三方とも考えて、やはりDVDFabのほうが最適な選択でしょう。ブルーレイをiPhone、Androidなどの移動端末とパソコンの一般のプレーヤーで再生、ブルーレイをバックアップする場合、必ずしもブルーレイをMP4に変換しましょう。市販またはレンタルブルーレイをバックアップ、コピー、変換したいニーズがあれば、、上記の方法をぜひ試してください。

この記事は、

ブルーレイをMP4に変換!ブルーレイMP4変換ソフトがあればスマホでもハイビジョンを楽しめる!から転載されます。

超全面!ブルーレイとDVDの違いを徹底解説

要約: この記事ではブルーレイ DVDを中心に、各方面からブルーレイとDVDの違いを詳しく比較し、ストレージ容量、画像解像度、価格、耐久度、ビデオ/オーディオコーデック、再生、交換性などの違いまで詳しく検討し、さらにビデオ/音声のコーデックとDVD/Blu-rayのコピー/リッピング/作成ができるソリューションも提供します。

ブルーレイやDVDの間でどれを選ぶのか、より高価なBlu-rayディスクを購入する必要があるのか、デジ録画をコピーしたい時DVDとブルーレイのどっちにコピーすれば良いのか、DVDプレーヤーを新しいBlu-rayプレーヤーにアップグレードする必要があるのかに疑問を持っているなら、この記事は助かると思います。この記事では、ストレージ容量、画像解像度、ビデオ/オーディオコーデック、交換性などいろいろな視点から全面的にブルーレイとDVDの違いを比較し、最後にDVD/Blu-rayを書き込み・コピー/リッピング/作成するためのツールもおすすめします。

ブルーレイとDVDの違い

では、ブルーレイとDVDの違い(又はDVD ブルーレイの違い)について詳しくご了解しましょう!

 1.    ブルーレイとDVDの違い

しかし、単なる反射する光の色でDVDやブルーレイを判断するのは足りないです。

外観から見れば、ブルーレイとDVDは同じ直径12cmのディスクで、区別がはっきりしていません。一見明確な差がないようですが、具体的には細やかな差があります。

dvd ブルーレイ 違い

 1.1 レーザーの違い

ブルーレイDVDの違いといえば、まずはレーザーの色です。DVDやブルーレイの光学ディスクを手にするのなら、お試してみてください。一般の状況では、ディスクの裏側を傍らから覗くと、DVDは緑、赤、黄色いなどの色をしている太い束の光を反射しているが、ブルーレイディスクの場合、もっと細い青紫色の束の光を反射していると見えます。それは、CDやDVDが赤いレーザー光線を使用しているのに対し、Blu-rayのレーザー光線は青紫色からです。CDやDVDの赤い色のレーザー波長は650nm(ナノメートル)で、 これに対し、ブルーレイディスクの青紫色のレーザー波長は405nmとさらに短波長になっています。青紫色レーザーは赤色レーザーより波長が短い故に、ディスク上でのスポットも小さくなり、 より小さな場所への記録・読み込みが可能になれます。ですので、ブルーレイはDVDより同じサイズなディスクでもより多い容量を持っています。しかし、単なる反射する光の色でDVDやブルーレイを判断すると力不足です。他のもっと重要な違いを見ましょう。

ブルーレイ DVDの違い
 
     出典:『ブルーレイとDVD、どう違う?』東京都・神村美里さん(中2)からの質問(朝日新聞社発行 4月10日付)

 1.2 ストレージ容量の違い

ブルーレイとDVDの違いのその2は、ストレージ容量です。単層DVDには約4.7ギガバイト(GB)のデータを格納することができます。そのため、DVD-9という二重層DVDは約8.5〜8.7 GBのデータを格納できて、これはDVD-5の約2倍の量です。Blu-rayはDVDよりもはるかに大きな保存容量を持っています。単一レイヤーBlu-rayは約25GBのデータを保存でき、デュアルレイヤーブルーレイディスク(BD-50)は約50GBのデータを保存できます。Blu-rayの大容量はより高品質のビデオとオーディオを格納できます。

ブルーレイ DVDの違い
 
                         出典:Sony「ブルーレイディスクのしくみ」

 1.3 解像度・画素数の違い

類別 解像度
DVD 720×480
地上デジタル放送 1440×1080
ブルーレイ 1920×1080


 ブルーレイとDVDの違いの大きな特徴は、解像度です。Blu-rayは解像度が1920 x 1080、次に2,073,600ピクセル、DVDは720 x 480または720 x 576の345,600ピクセル解像度を持つ標準解像度フォーマットです。Blu-rayは、DVDの6倍のサイズです。言うまでもなく、Blu-rayのイメージは、DVDよりシャープで、より詳細で鮮明です。画素数を比べると、DVDは35万画素、ブルーレイは207万画素。このため、臨場感あふれる映像を満喫できます。

ブルーレイ DVDの違い
            出典:Youtube【映像制作 シャイズ企画】 DVDとブルーレイの画質比較 サンプル

 1.4 音質の違い:ビデオおよび音声コーデック

そして、ブルーレイDVDの違いは音質上でも反映されます。Blu-rayはDVDのように元の音声を間引きし圧縮して音を劣化させないので、よりクリアで迫力のある高音質を実現できます。DVDはMPEG-2ビデオコーデックのみをサポートし、Blu-rayはMPEG-2に加えてMPEG-4 AVCおよびSMPTE VC-1にも対応しています。DVDはリニアPCM、ドルビーデジタル、DTSデジタルサラウンドとの3種類のオーディオコーデックをサポートします。ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrueHD、DTS-HDも同じ音声形式を除いて、Blu-rayにサポートされていると書かれています。更に、DVDでも5.1ch対応と高音質といわれていましたが、ブルーレイの場合、最大7.1chまで収録できるようになっています。

 1.5 耐久性の違い

ブルーレイDVDの違いは耐久性の方面ではDVDが優位です。なぜかと言うと、保護層が0.6mmの厚さがあるDVDと違い、ブルーレイは保護層が単なる0.1mmしかありません。DVDは読み取りスポットが大きく、傷があってもエラーにとして扱わずに、再生に支障をきたしません。大きな傷がなかったら、10年以上を経ってぼろぼろなDVDでもデータを再生できるでしょう。一方、ブルーレイは読み取りスポットが小さいので、盤面に少しでも傷が生じても再生に支障をきたしやすくなります。ですので、DVDの耐久性高いのと反対に、ブルーレイは保護層がとても薄いため、キズや汚れの影響を受けやすいので壊れやすいです。

DVDとブルーレイの違い

 1.6 価格の違い

ブルーレイとDVDは、価格も違っています。通常、Blu-rayムービーの価格はDVDムービーより約5〜10ドル高くなりますが、古いブルーレイムービーの価格は新しいDVDムービーよりも低い場合があります。はるかに優れたビデオ/オーディオ品質を楽しむためにもう少しお金を払う価値があるのを考えて、Blu-rayのタイトルはDVDよりはるかに高価ですが、ビデオ/オーディオの品質をはるかに上げるためにはもう少しお金を払っても構いませんね。DVDのほうがややお手頃価格で入手可能ですが、記録容量や視聴品質を考えると、一概にはどちらがお得なのかは言い切れません。

 1.7 転送レート、書き込みソフトの違い

ブルーレイディスクは、54Mbps(BD-ROM)、72Mbps(BD-RE2.1)、144Mbps(BD-R ver.1.2)の高転送レートを実現しています。転送レートというは、1秒あたりにメディア への記録や伝送する量のことで、高くなればなるほど扱える情報量も多くなります。書き込みソフトでは、DVDの方はDVDをDVD-5やDVD-9にコピーできてるDVDコピーはたくさんありますし、他の汎用される動画形式(例えばMP4、MKV)などに簡単に変換できるDVD対応のリッピングソフトもいっぱいあります。しかし、ブルーレイの方では、DVD対応だけでは足りないないです。専門性のため、市販のブルーレイコピーソフトやリッピングソフトはDVDより多いではありません。

 1.8 使い分け:記録・再生プレーヤー・保管方法・互換性の違い

Blu-ray版のディスクを買っても、Blu-ray対応の機器も買い揃えてないとすぐに観れないわけです。DVDプレーヤーはBlu-rayを再生できませんが、市場のBlu-rayプレーヤーはすべて標準DVDと互換性があり、Blu-rayプレーヤーのビデオアップスケーリング機能はDVDビデオの品質を向上させ、より見栄えを向上させます。Blu-rayプレーヤーの価格については、大量生産によって下落してしまいましたが、今や合理的な割引があるため、Blu-rayプレーヤーはほとんどの映画愛好家にとって手頃な価格です。データの書き換えの方面では、ブルーレイのBD-REディスクとDVDのDVD-RWディスク両方ともおよそ1000回の書き換えが可能だと言われています。

総括

DVDとブルーレイの違い

ブルーレイやDVDの2つにはそれぞれメリットやデメリットがあります。上記の比較から、DVDはBlu-rayよりも安いが、Blu-rayは人々にはるかに優れたビデオ/オーディオ効果をもたらすことがわかります。 そして、長期的な見通しからBlu-rayプレーヤーを買うのは大変なことです。なので、何を重視して選択するかにかかっています。繊細な画面と臨場感を楽しみたいならブルーレイを選べばいいし、質量より安さと収集できる量のほうを重視すればブルーレイでは代価が高いので自分に合っていないかもしれません。どちらを選択するかに迷う場合は、自分が見たい映画やドラマを視聴する時、何を一番求めているのかを見極めなければなりません。

 2. ブルーレイとDVDについてのソリューション

非常に多くのDVDやBlu-rayディスクが手元にありますが、貴重なDVD/Blu-rayムービーをバックアップしたり、DVD/Blu-rayタイトルをスマートフォンやiPadにリッピングしたりするために、DVD/Blu-rayソリューションが必要な場合があります。DVD/Blu-rayに自作のビデオを書き込んで永久に保存したい場合があります。DVDFabはあなたが好きなようにDVD/Blu-rayをコピー、リッピング、作成するための完全なDVD/Blu-rayソリューションを提供します。必要なソリューションを見つけて、読んでください。

 2.1 書き込み方法:DVDFab DVDコピー/DVDFab Blu-ray コピー

DVDFab DVDコピー/Blu-rayコピーはDVD/Blu-rayを空のDVDディスク/フォルダ/ ISOファイルにコピー/クローンするためのプロなコピーツールです。1:1コピーまたはメインムービーだけをコピーすることができます。また、カスタマイズモードを選択してDVD/Blu-rayを自由にコピーすることもできます。DVDFab DVD/Blu-rayコピーは、市場で多くの類似プログラムと競合できる高速コピー速度を備えています。ビデオ品質の出力は、多くのDVD/Blu-ray映画愛好家にも認められています。最新のDVDでもアダルトDVDにもコピーガードを解除して複製することができます。無料版もあります。

具体的な使い方は、DVDFab DVD コピーを使って無料でコピーする方法を参照してください。

ブルーレイとDVDの違い

 2.2 変換方法:DVDFab DVDリッピング/DVDFab Blu-ray リッピング

DVDFab DVD リッピング、DVDFab Blu-rayリッピングは、DVD/Blu-rayをAVI、MP4、MKV、MP3、FLACなどのさまざまなビデオ/オーディオフォーマットにリッピングして変換できる多目的で使いやすいDVD/iPhone、iPad、Samsung、LG、Googleなどのあらゆる種類のデバイスをサポートしています。DVDリッピングとBlu-rayリッピングには、多くの高度な機能があり、設定をカスタマイズして好きなようにビデオを編集できます。DVD/Blu-rayリッピングによって出力されるビデオ/オーディオの品質は、あなたを失望させず、おそらく市場のすべてのDVD/Blu-rayリッピング競合者の中で最上級かもしれません。

具体的な使い方は、DVDをMP4動画ファイルに変換する方法を参照してください。

ブルーレイとDVDの違い

 2.3 作成方法:DVDFab DVD作成/DVDFab Blu-ray 作成

DVDFab DVD 作成 / Blu-ray 作成は、ビデオWebサイトからダウンロードした、または自宅で標準のDVD/Blu-rayに記録したビデオを高速で書き込むことができる書き込みツールです。 DVD/Blu-ray 作成の優れた機能の1つは、ユーザーが内蔵のメニューテンプレートを使用してDVD/Blu-rayメニューを作成できることです。 書き込みツールは使い方が簡単で、書き込みプロセス全体でマウスを数回クリックするだけで済みます。 それはソースより劣っていない品質の標準DVDディスク/ISO/フォルダを生成することができます。

具体的な使い方は、ビデオをDVDに作成する方法を参照してください。

ブルーレイとDVDの違い

これらのプログラムはすべて30日間無料試用を提供しています。DVDのコピー、リッピング、作成やブルーレイのコピー、リッピングや作成も同じ系統で実行できるので、以上用意されたダウンロードボタンを自分のニーズに応じて区別してダウンロードすれば、同じソフトのDVDFab12にてDVD或いはブルーレイを処理できます。30日間の期間中、完全に好きな製品のすべての機能を無料で楽しむことができます。DVDFabの使用経験が豊富であれば、休日やお祭りでも非常にお得な割引で購入することができます。

この記事は、

2021超全面!ブルーレイとDVDの違いを徹底解説から転載されます。

DVDビットレートを全面的に了解!DVD画質を向上する方法もまとめ

要約: 一般では、ビットレートが高ければ高いほど、データ量が多く、動画やDVDの画質も高くなります。しかし、ビットレートをあまりにも高く設定しすぎると、再生するとき問題になる場合もあります。さて、どのようにしてDVDを適切なビットレートに設定して、DVDの画質を向上するのか。このレビューではDVDビットレートについて説明し、ビットレートを適切な範囲で変更する技やDVDの画質を向上する方法までご紹介します。


 
ビットレートを知っていますか。DVDや動画の画質を上げる方法を知りませんか。結婚式、卒業式などを録画し自分オリジナルのDVDを高画質のまま作成したいと思いますか。ビデオやDVDを変換、編集すると、いつも画質が落ちてしまい、残念に思うでしょう。DVDの画質を向上させるため、DVDビットレートに関する知識を知るべきです。

 

 1.    DVDビットレートについて

 1.1    DVD ビットレートとは?

DVD ビットレートとは1秒当たりに転送されるDVD映像・音声のデータ量のことです。ビット毎秒(bpsと表記され、英語 bits per secondの意味)はモデムやルータなどのデジタル通信機器で用いられるデータ転送効率の単位で、1秒の間に転送されたデータ量と定義され、「ビットレート」、「ビット効率」、「圧縮比」などとも言われます。

DVDビットレートを設定しDVDの画質を向上する
                                 出典:H.264エンコードでのビットレートの目安 | 蜥蜴日記

DVDのビットレートはDVD画質ビットレート(映像ビットレート)、DVD音声ビットレートなどからなっていて、固定ビットレートや可変ビットレートに分けています。映像ビットレートは1秒あたりに映像のデータ量の値です。音声ビットレートは1秒あたりに音声のデータ量の値です。この2つのデータ量が多ければ、映像の画質や音質は高くなります。それに、映像のビットレートや音声のビットレートは総括に「オーバルビットレート」と総称されます。

ビットレートは動画の画質に深く関わっています。ビットレートが大きいほど画質や音質が向上します。DVDの画質を向上させるために、以上を持ちましてDVDのビットレートに関する知識を知っておきましょう。ビットレートが高ければ高いほど、データ量が多く、それに従い画質も高くなります。ですので、ビットレートが高い動画は普通、ビットレートの低い動画よりデータ量が多く、鮮明さと繊細さにも富んでいて、画質が一層良く見えます。

 1.2    エンコーディングに最適なビットレートとは?

DVDビットレートの値が大きくなるほど、DVDの解像度が高くなるとは言いますが、DVDビットレートは高ければ高いほど良いわけではありません。つまり、無限にビットレートを上げれば高画質のハイビジョン映像になるわけではありません。なぜなら、DVDのビットレートは最大値や適切値があり、画質にも限界があります。

DVD-Videoは720Px480Pの映像なので、ビットレートが最高9.8Mbps(MPEG2コーデック)と決められています。これに対してハイビジョンのBlu-rayディスクは40Mbpsのビットレートまであり、収められるデータ量に大きく差があり、画質の方面でも巨大な差があります。単なるビットレートを変更したって、DVDビデオをどれだけビットレートを向上させても、ブルーレイのようなハイビジョンビデオになるのが難しいことでしょう。

DVDビットレートを設定しDVDの画質を向上する
                         出典:4Kテレビは2Kや8K、ハイビジョンやフルハイビジョンとどこが違うの?WOWOW

ちなみに、ビットレートを高く設定し過ぎると、インターネットで配信された動画はスムーズに視聴できないかもしれません。この場合、ネット上での配信に障りから、ひたすらビットレートをあまりにも高く設定すぎるのをおすすめしません。

 2. DVD画質を向上させる方法

 2.1 DVD画質を決める要素

ビデオや写真の画質を構成する要素として、普通は以下の通りなっています。

①     画素(ピクセス)数

画素数とは、「画像を構成する画素の数」の意味で、画像を構成する色や細さの情報を持ったドットの数のことです。ピクセス数とはほぼ同じ意味です。画素数が多いと、より多くの色情報が敷き詰められて、ビデオや画像はより繊細で細かい表現が表してきます。しかし、繊細さだけを意味することで、画素数が多いほど画質が良いとも限りません。画素数は絶対解像度とも言われています。

DVDビットレートを設定しDVDの画質を向上する
                                          出典:ソフマップ・ドットコム 液晶テレビ 選びのポイント|ソフマップ[sofmap]

②     解像度

ここの解像度とは相対解像度で、1インチ(2.54㎝)あたりの画素の数のこと、つまり「画像の密度」のことを指しています。その画素の数の単位を「dpi」で表します。1インチあたりの中に何個の画素のドップ数が入っているのかで解像度が表せます。例えば、1インチ当たり2つの画素で構成されている画像の解像度は2dpiとなります。理解に易いことに、1インチあたりに画素の数が多ければ多い程、解像度が高くなり、映像の鮮明度もアップできます。

DVDビットレートを設定しDVDの画質を向上する
出典:オーダーのぼりドットコム 集客と色の関係(画像の解像度):order-nobori.com のぼり 専門店 ハクロマーク

DVDの解像度は720 x 480ピクセル(SD画質)で、ブルーレイの解像度は1920 x 1080ピクセル(HD画質)となっています。DVD書き込み、DVD変換、DVD編集などDVDをオーサリングする時、DVDの解像度である720×480サイズに行えば画質を最大限に保持できます。480Pに達していないと、解像度を少しサイズ大きめでおくと画質保持にプラスとなります。そして、出力の回数はあまり多くないほうが良いです。DVDをオーサリングして再び出力するたび、圧縮が行われて、画質もだんだん劣化していくものです。

③     フレームレート

静止画を連続で流されると、動いている映像になります。その1秒の間に使用されるコマ数は、フレームレートです。Fpsと表記され、30fpsの動画というのは1秒間に30フレームのを持つというのを指します。フレームレートを高く設定するほど、映像の動きが滑らかになりますが、カメラのセンスにより固定される30fpsで撮影した動画を無理矢理に60fpsに画質アップしようとしても、30fps以上に滑らかな映像にはなりません。撮影前に決めておくフレームレートの値こそこのフレームレートは定められます。

DVDビットレートを設定しDVDの画質を向上する
                出典:ピークスマインド フレームレートって何? | 映像制作 ピークスマインド

④     コーデック

コーデックとは簡単に言うとファイルを圧縮する技術で、データを信号の形式を他の形式に変換したり、元の形式に戻したりできるソフトウェアやハードウェアの総称です。いま動画を編集して1本の動画に出力する前に、しなくてはいけないエンコードという作業の間に行う設定のことです。プログラムを用いて映像データと音声データの圧縮・変換・復元を行うことを言います。今ネット上のコーデックは H.264やVP9、AV1などで主流を構成します。変換ファイルにコーデックを作業すると、音声や他の動画ファイルに出力できます。コーデックエラーが出たら動画が再生できない状況になりますので、DVDなど動画を再生するのに重要な役割を果たしています。

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する
                         出典:映像データの作り方|初級編| #展示技術講座|宮路 雅行|note

DVD画質を向上させる方法として、総合的に言えば、DVDをコピー、変換、編集などオーサリングする際、できるだけ合理的な範囲で高ビットレート、高解像度を設定するか、もしくは一切圧縮されていない非圧縮の状態で出力するという変換や編集を行う方法が良いです。

 2.2  DVDビットレートを向上する注意点

DVDのビットレートが大きいほど画質や音質が向上しますが、ビットレートを無理やりに最大にしようとすると、プレーヤーに負担をもたらしますし、互換性やディスク容量においても問題が発生する場合にもなります。さらに、動画のデータが巨大になり過ぎて、スムーズに再生しうまく視聴できないなどの問題が発生しやすいです。

一方、映像と音声の組み合わせでオーバルビットレートはSD プロジェクトが 9.2 Mbps、 HD プロジェクトが29 Mbpsを超ないようにすることをお勧めします。それに、オーバルビットレートを全面的に考えらなければなりません。例えば、映像のビットレートを最大まで上げると、音声には224kbpsしか割くことができなくなります。音質に拘りのある方にとっては、音質に損失があるので一番いい選択ではないかもしれません。ですので、映像と音声のビットレートを天秤に掛ける必要があります。

それに、動画のコンテンツに合わせてからビットレートを設定したほうがいいです。具体的に言うと、激しい動きの少ない静止系ビデオの場合、快適再生や容量の節約ためにも低いビットレートで保存しても良いでしょう。一方、スポーツなどの激しい動きが多い場合、ビットレートが高ければ高くほど、動きなどをはっきり見せて、より順調的に再生するため、高いビットレートに設定したほうが良いでしょう。換言すると、ビデオのコンテンツ次第にビットレートを分別に設定し、画質を最大にするのなら無劣化変換を行うのが最善な方法です。

 3.  最適なDVDビットレートを設定しDVD画質を向上する最強なソフトおすすめ

 3.1 DVDビットレートを設定してDVD画質を向上するソフト

DVDを変換、編集するとき、ムービーそのものの解像度を少しサイズ大きめで作成しておくのがDVDの画質を向上させる方法の一つです。ですので、DVDを変換や編集のオーサリング作業のできるソフトが必要です。ここでは、業界最強とも言えるほど機能が強くて画質を最大限に守ってくれるDVD変換・編集ソフトがおすすめしましょう。

DVDFab DVDリッピングはDVDをPCにリッピングして出力先をビデオやオーディオとして保存するためのソフトです。DVDを動画への変換はもちろん、元のDVDからオーディオコンテンツを抽出し、AAC、MP3など様々な音声フォーマットに保存したりすることができます。

 

このツールは使いやすく、優れたカスタマイズ機能を備えて、画質維持の方面でも優れている強力なDVD変換ソフトです。何より、全機能無料体験版もあるので、無料でDVDを一般動画に無劣化・高画質・高解像度で変換することを可能にしてくれます。

出力するDVDや動画の画質をカスタマイズしたい場合、インターフェースの右側にある[詳細設定](レンチアイコン)ボタンをクリックすると、別の画面に表示されるビデオ/オーディオのデフォルトパラメータやビットレートさえ変更できます。コーデックはそのまま変更しなくても良いが、解像度、ビデオ画質、ビットレートを分別に設定するのができます。適切な範囲で最大値に設定すると、出力する動画のサイズが大きくなりますが、画質は劣化さずに、一番良く維持できます。

DVDFab DVDリッピングはDVD編集フリーソフトではありませんが、30日間で全機能を無料で体験できるので、無料版が提供されると理解してもいいでしょう。内蔵される強力な編集機能はこのソフトの無料版で利用できます。無料体験に30日間、最大3枚のDVDを思うまま編集し、手軽にカスタマイズ出来で、自由に好きな動画形式に無劣化して変換できます。

Step 1:ダウンロードしてインストールされたDVDFab DVDリッピングをダウンロードしてインストールすれば、ツールバーにある「リッピング」のモジュールを選択します。その後、「Blu-ray/DVDを追加」ボタンをクリックして、ディスクのコンテンツをソフトに取り込みます。

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する

Step2:映像コンテンツをソフトに取り込んだ後、画面のなかの「他のプロファイルを選択」タブで出力動画のフォーマットを選択します。

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する

Step3:編集タブで思うままにDVDをトリム、字幕追加、ウォーターマーク追加などで自由自在に編集します。編集しなくても良い場合はスキップしてください。

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する

「詳細設定」のタブでは、出力する動画ファイルのビットレートを設定できます。

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する

Step4:出力場所も設定してから、「開始」ボタンを押して動画を変換し出力します。

 3.2 超解像度復元のAI技術を連携しDVD画質を高めるソフト

ビットレートも画質を左右する大切な1つの要素として作用しますが、それ以外にも画質を綺麗にするテクニックがあります。ソフト内蔵のビットレート設定タブだけで画質を期待のままにアップできない、或いはソースDVDがもともと解像度が低くてビットレートなどを無理矢理に調整しても実際の画質は向上できない場合、DVDFab社のもう一つの画質アップの便利なツールを利用するのをおすすめします。それは世界初の深度学習機能があるAI機能付きのDVDFab Enlarger AIで、動画の画質を最大限に強化できるます

DVDFab Enlarger AIは、DVD リッピング、Blu-ray リッピング、動画変換やDVDブルーレイ変換と連携可能し、ビデオをアップスケールできるDVD リッピング、Blu-ray リッピング、動画変換やDVDブルーレイ変換と連携可能し、ビデオをアップスケールできる超解像度復元技術を使用し、ビデオ画像を300%拡大しながら、細部がぼやけないように修正し、ビデオ品質を高めます。SD(480P)解像度のDVDでさえフルHD(1080P)にまたは1080pから4Kに拡大するのを実現できます。

 4. 他のDVDビットレートを変更できるソフトまとめ

DVDビットレートを変更できるソフトは少なくはないです。ほとんどのDVD動画変換やDVDオーサリングソフトはDVDビットレート変更ができます。

 4.1  DVDStylerでDVDビットレートを設定する方法

公式サイト👉 http://www.dvdstyler.org/ 
対応OS:2000/XP/Vista/7/8/8.1/10/Mac/Linux/BSD/Solaris

メニューバーの「DVD」オプションをクリックし、映像と音声を「映像のビットレート」、「音声のビットレート」のタブで1つつ指定して OK をクリックします。

 4.2  HandbrakeでDVDビットレートを変更する方法

公式サイト👉 http://www.dvdstyler.org/ 
対応OS:2000/XP/Vista/7/8/8.1/10/Mac/Linux/BSD/Solaris

DVDビットレートを設定しDVD画質を向上する

Handbrakeは高速で強力なDVDエンコーディングソフトで、完全無料で利用できるほか、DVDの
ビットレートまで変更できるDVD取り込みソフトです。Handbrakeを使用し、DVDを取り込みし、汎用的なMP4を含み他の動画形式に変換できます。

DVDエンコーディングに最適なビットレートをよく理解したら、DVDエンコーダや変換ソフトを利用して、最適なビデオビットレートでDVDを取り込みむのがいいと思います。適切なDVDエンコーダであれば、DVDをリッピングし、ほぼすべてのビデオ形式に変換できます。DVDFabのような高解像度保持の変換ソフトを利用すると、無劣化にDVDを他の形式に変換するのもできます。ただし、変換することというのは動画を圧縮や復元するので、少々動画への劣化がもたらします。動画の変換等をするとき出来る限り高画質の設定で行っていくか、出力する回数を抑えるかで、DVDの画質は最大に維持できる良策でしょう。

 5. まとめ

以上ではDVDビットレートについて詳しく説明し、DVDの画質を向上する方法や適切なビットレートを設定するメリットを紹介し、DVDビットレートを上げることのできるDVD変換・編集ソフトをおすすめしました。さらに、映像ビットレートや音声ビットレートを含むDVDビットレートを向上させる方法まで教えました。総括に言うと、ビットレートは重要な参考値で、高ければ高くほどDVDや動画の画質が良くなりますが、適切な範囲を超えないように設定したほうがいいでしょう。この記事は、DVDや動画制作に迷うあなたに役に立てば何よりです。

この記事は、

DVDビットレートを全面的に了解!DVD画質を向上する方法もまとめから転載されました。

ブルーレイをISOファイル化してドライブ不要で再生!ブルーレイISO変換ソフトオススメ

ブルーレイは記憶容量が大きく、ハイビジョンで最大化の視覚効果を楽しめるため、人に愛用されています。好きなブルーレイディスクを購入すれば、ブルーレイディスクの保護、ドライブの利用を考える人も多くなりました。ブルーレイをほか新たなブルーレイにバックアップして保存し、或いは、ブルーレイをローカルにコピーすることにより、ソースブルーレイディスクを保護することができます。ISOイメージファイル化して、仮想ドライブを利用することで、物理ドライブの利用を減らし、ブルーレイディスクの保護にも宜しいです。

ブルーレイ ISO変換

 1.    ISOファイルの定義とブルーレイをISOファイルに変換するメリット

ブルーレイをリッピングして、ISOファイルとして保存する方法を説明する前に、「ISOファイル」と「リッピング」についてを簡単に解説する必要があります。ISOファイルとは、ブルーレイ、CDやDVDなどのディスクの中身を一つにまとめてイメージ化したアーカイブファイルのことで、 [.iso]という拡張子をしています。そしてリッピングというのは、ブルーレイ/DVDビデオ/音楽CDなどのデジタルデータをパソコンに取り込むということです。通常ではブルーレイ/DVDビデオ/音楽CDに付けられているコピーガードなどの複製防止技術を解除し、動画のコンテンツをISOファイル、MP4などの汎用的な形式に変換することを伴います。

ブルーレイ ISO変換

大切なDVDやブルーレイをバックアップして、ISOファイルとしてパソコンに保存している人が少なくないでしょう。なぜなら、ブルーレイをISOにリッピングすれば、ブルーレイを鑑賞することをより便利で多様多彩にしてくれます。例えば、パソコンに保存したり、MP4などの汎用の動画形式に変換して移動端末で再生したり、または空きのブルーレイ/DVDディスクに再びコピーしてバックアップしたりして、ブルーレイのコンテンツを再生することは非常に便利になるでしょう。

ブルーレイディスクをISOファイルに変換するメリットは多いです:

  • 大切なDVD/BD/CDのを丸ごとにパソコンや空きのディスクにバックアップして保存できる
  • DVD/BD/CDディスクが破損や不具合になっても大事な内容は保存できる
  • DVD/BDドライブが手元にないとき、仮想ドライブ、プレーヤーやソフトがあれば再生できる
  • ディスクを破損させる心配なく繰り返して再生できる
  • ディスクより保存・管理しやすい
  • 必要なときにDVD/BD/CDに焼き元データに戻れる
  • DVD/ブルーレイに直接的に書き込むことができる
  • リッピングソフトで自分オリジナルのブルーレイディスクをほかの汎用的な形式に変換して多様なデバイスで再生、さらに他の人に共用するかネットで投稿するのに便利(著作権のない内容に対しての譲渡や貸与は複製禁止となり)
  • リッピングソフトでお好きなように編集してカスタマイズして保存できる

 2.    ブルーレイをISOファイルにリッピング最強のソフト

ブルーレイディスクをISOファイルにリッピングして、パソコンで保存しほかの動画ファイルに変換したいなら、パソコンにリッピングソフトが必要としています。このニーズに応じて、ネットでは最近色々なブルーレイリッピングソフトウェアが市販されています。良いリッピングソフトでは3つの要素を満足すべきです。

  • エラー発生しなく、不対応のタイプが少ない
  • 使いやすい
  • 値段が安い

有料のソフトもあれば、無料なソフトウェアもたくさんあるなか、適切で強力なソフトはどう選べたら良いでしょうか。次にはブルーレイをISOファイルに変換できる最強のソフトをご紹介しましょう。

 2.1    ブルーレイ ISO 変換のソフトオススメ

DVDFab Blu-rayコピーは以上の3つの要素を満足できる業界最強のブルーレイISOリッピングソフトです。5つのコピーモードでブルーレイディスク / ISOファイル / フォルダからの高速・高画質コピーをサポートし、操作も簡単で、簡単さを求める方にぴったりのブルーレイコピーソフトです。

DVDFab Blu-rayコピーは市販やレンタルBlu-rayディスクや録画したBlu-rayに掛けられている各種のコピーガードや複製保護を簡単に解除して、Blu-ray全体または一部をISOファイルやフォルダにリッピングできるソフトです。リッピングしたISOファイルを再び空のBlu-ray・DVDディスクに焼き込み、元データを復活する場合、このブルーレイ コピーソフトも役に立ちます。

DVDFab Blu-rayコピーには5つのコピーモードを含めています。

  • 1) フルディスクモード: ディスクを丸ごとコピー またはBD-50(片面二層)をBD-25(片面一層)に圧縮コピー
  • 2) メインムービーモード:メインムービー(本編)のみ自動選択してコピーする
  • 3) カスタマイズモード: タイトル / チャプター / オーディオ / 字幕など選択可能
  • 4) クローン/ライティングモード:同じディスクを無劣化コピー
  • 5) 結合モード: 複数枚のBlu-rayを1枚のデイスクにまとめます。

どのコピーモードでもISOファイルにリッピングできるので、ニーズに応じて自由に選択してください。

 2.2 ブルーレイをISOファイルに変換する方法・手順

それでは、ブルーレイディスクを柔軟かつ簡単にISOファイルに変換できる完全なチュートリアルの使い方を見ましょう。

STEP1:まずはソフトをダウンロードしてインストールし、パソコンに実行します。上のツールバーに「コピー」を選択し、ディスクを挿入するなどソースをロードします。

ブルーレイ ISO変換

STEP2:画面左部の「コピーモード」切替をクリックし、希望するBD コピーモードを選択します。

ブルーレイ ISO変換

STEP3:画質など要求する場合、「詳細設定」のタブで画質などを設定できます。左下の「出力先」を設定し、「ISO」をしているボタンをクリックすることで出力形式をISOに指定し、そして右下の「開始」ボタンを押すとブルーレイをISOファイルにリッピングするプロセスが始めます。

ブルーレイ ISO変換

ブルーレイ ISO変換

DVDFab Blu-ray コピーは無料のブルーレイコピーソフトではないが、30日間の全機能無料体験が提供されています。この機会を捕まえて、30日の間最大3枚までのブルーレイを高画質・高速・カスタマイズ可能でブルーレイディスクをISOファイルに変換できます。

 3.    ブルーレイ ISO 変換フリーソフトまとめ

DVDFab Blu-rayコピーの他、ブルーレイをISOファイルにコピーできるほかのソフトも色々あります。それでは3つを簡単に紹介しましょう。

 3.1 ImgBurnでのブルーレイISOリッピング

ブルーレイ ISO変換

ImgBurnは、ブルーレイディスク、DVD、CD、などをライティングできるブルーレイフリーコピーソフトです。ImgBurnがあれば、ブルーレイをISOイメージファイルにコピーして変換したり、イメージファイルをディスクから作成したりすることができます。しかし、Windows OSしか使えるので、Mac OSのユーザーにとってはちょっと不便です。

公式サイト👉https://www.imgburn.com/

 3.2 BurnAware Free

ブルーレイ ISO変換

BurnAware Freeはブルーレイをコピーできて、ディスクからISOファイル、ISOイメージからデイスクへの書き込みを簡単にするブルーレイISO変換フリーソフトです。有料版もあれば、無料版でもブルーレイコピーへの要求も満足できる歴史長くて有名なコピーソフトでしょう。残念ながら、外部ソフトやブラウザのインストールやコピー中のエラー発生の状況が多くあり、使うときはちょっと不安を掛けます。

公式サイト👉https://www.burnaware.com/

 3.3 フリー ブルーレイコピー

ブルーレイ ISO変換

フリー ブルーレイコピーは完全に無料なソフトで、ほぼすべてのブルーレイディスク/フォルダをISOファイルにコピーできます。コピーモードはメインムービーとフルコピーという二つしかありませんが、ブルーレイISOファイル変換としてはすでに十分でしょう。最大のメリットとしては永遠に無料という点です。

公式サイト👉http://www.bluraycopys.jp/free-blu-ray-copy/

ただし、以上のようなブルーレイISOリッピングソフトはブルーレイコピーガードに解除不可なので、市販やレンタルのブルーレイにたいしては役に立てないかもしれないのでご注意ください。ブルーレイコピーソフトについて各ソフトのメリット、ディメリットや紹介に興味のある方は、このBlu-rayコピーソフト11個の評判の文章にご参考ください。

 4.    まとめ

ブルーレイをISOイメージファイルにリッピングするのはいろんなメリットがありますので、ブルーレイのソースを大事にする人にはとてもオススメなソリューションです。本記事ではブルーレイをISOファイルにコピーする最強のソフトをおすすめし、具体的な方法まで検討しました。最後にご注意したいことに、DVDやブルーレイのコピー防止機能を解除し、自分のパソコンに取り込みしてネットに公開したり他人に譲渡または貸与したりすることは、違法となります。決して個人的な利用を目的にまでお止めください。

この記事は

ブルーレイをISOファイル化してドライブ不要で再生!ブルーレイISO変換ソフトオススメから転載されました。

MKV動画ファイルをブルーレイにオーサリングする方法~MKVをBDに書き込みソフトまとめ

要約: 拡張子の「.mkv」動画ファイルは対応するコーデックが広い動画マルチメディアコンテナフォーマットとして、広く使用されています。この記事では、MKV動画ファイル形式を詳しく説明し、MKVと一番汎用的なMP4形式との違いも明らかにして、MKVをBDに書き込みすることのできるソフトもおすすめし、MKVをBlu-rayにオーサリングして自宅で大画面でハイビジョンな視覚効果を楽める方法を教えます。

 

MKV BD 書き込み

 1. MKVとは、そのメリットやMP4との違い

 1.1 MKVファイルとは

MKVという動画形式を見たことはあるでしょう。拡張子の「.mkv」動画ファイルは、正式の名称を「Matroska(マトリョーシカ)」と言い、映像、音声、字幕などのデータを格納するためのマルチメディアコンテナフォーマットです。普通に見られる映像フォーマット「.mkv」ファイル(Matroska Video File)のほか、音声フォーマットの「.mka」ファイル(Matroska Audio File)も見られます。MKVファイル最大の特徴は対応するコーデックの広さや機能の満喫さで、どんなコーデックにも対応していて、換言すると異なるタイプのエンコードされた映像、音声及び字幕ストリームに対応する能力です。

MKV BD 書き込み

 1.2 MKVファイルの特徴やメリット

MKVファイルは多種多様なコーデックに対応していて、一番多機能なコンテナフォーマットかもしれません。具体的には以下のように:

  • 動画:VFW Codec, QuickTime Codec, Motion JPEG, MPEG-1/-2/-4, H.264, H.265, RealVideo, Snow, Theora, VC-1, VP8, VP9, AV1
  • 音声:AAC, AC-3, DTS, MP3, MP2, Vorbis, Opus, PCM, RealAudio, FLAC, TTA, WavPack(ウィキペディアより)

日本では未だにAVIを使用する人が多いですが、海外の人ではMKVを使用してる人が多くなっている中、日本でもMKVの人気はますます増えています。MKVは多機能なコンテナフォーマットで、メリットが多いです。字幕表示のスイッチあり、多重字幕や多重音声を自由に選択できる上、ほかの映像ファイルより優れている点としては、ファイル自体が欠けていても再生できるというメリットです。多様なエンコードされた映像、音声及び字幕ストリームに対応するという超強の対応性のため、いろんな動画フォーマットの中で抜群でいます。

ディメリットとしては、多機能すぎるのが故、その分他のコンテナを使用した場合と比較するとファイルサイズが少し大きくなりがちということです。ハードディスクの容量が足りないユーザーにとって、大量のMKV動画ファイルを保存するのは少々ストレス溜まるのでしょう。

 2. MKVとMP4との違い

MP4とはMPEG-4形式の圧縮動画データを格納するファイルフォーマットで、色んなOS・ブラウザ・スマホ・家電に対応するという高い汎用性で、最近多くの人に愛用されて流行っています。MP4もMKVも高い対応性と汎用性の原因で広く使われていて、この2つの動画ファイル形式ではどんな違いがあるでしょうか。

MKV BD 書き込み

① 互換性の違い

まずは互換性の方面では違っています。各プレーヤやソフトとの互換性のほうでは、MP4のほうが強いです。機能の非常に多いコンテナとして、MKVを再生する場合では専用コーデックが必要なので、一部の再生プレイヤーや再生ソフトでは再生できない場合がよくあります。それに対して、MP4はいまほとんどの端末やメディアプレーヤーに利用され、最新の機器ならほとんど再生可能で、ネットでの共有や投稿も便利なので、さまざまなOSでの互換性が高いです。人は動画をダウンロード・保存する場合や動画を再生して動画変換をする場合、互換性のために、出力フォーマットや保存形式をMP4にすることが多いです。

② 格納情報量の違い

MP4は一番汎用性の高い動画ファイル形式としていつも言われていますが、格納情報量の方面ではMP4の勝目は全然ないです。MKV動画を鑑賞する時、格納された字幕や音声トラックは一つだけではないことに気づきましたか。MKVには複数の音声コーデックを格納できて、複数の字幕も搭載されます。ですので、言語や字幕は多数から一つ好きなのを選択できます。

MKV BD 書き込み

③ ファイルサイズと画質の違い

以上述べたとおり、MKVのほうが字幕や音声など格納情報量が多く、それと反対に、MP4のほうでは音声も字幕も一つだけあるのが普通です。ですので、MKVをMP4変換すると、音声コーデックも字幕も一つだけ保存されるので、情報が損失され、もちろん出力したMP4ファイルのサイズも小さくなります。画質と内容が同じ場合、MP4のほうはファイルサイズが小さいです。内容とファイルサイズが同じような動画なら、MP4のほうが品質がより良いです。

 3. MKV BD 書き込みに最強のソフトDVDFab Blu-ray作成

MKV動画ファイルをBlu-rayに書き込むには、そのメリットがあります。まずは、ブルーレイディスクは長く保存しやすいです。それに、BDに書き込みしたら、ブルーレイプレーヤーで再生して、自宅でも大画面のシーンでハイビジョンな視覚効果を楽しめます。また、管理しやすいのも一つのメリットでしょう。

DVDFab Blu-ray作成は一番オススメのMKV動画をBlu-rayに書き込みするブルーレイ作成ソフトです。DVDFab Blu-ray作成は初心者でも操作できて、高度な処理を手軽に行える完璧なMKV BD書き込みソフトです。有料のソフトですが、30日間無料で全機能を体験できるチャンスをご提供されます。

DVDFab Blu-ray作成は以下のメリットや特徴があります。

  • 機能満喫で画質や作成速度も速いメリットで、簡単にブルーレイへのオーサリングが便利にしてくれます。
  • AVCHD、H264/MPEG4AVC、字幕付きのMKVなどどんな高画質HDビデオの動画形式の入力にも対応しており、MKVだけでなく、あらゆる拡張子の動画をブルーレイディスクやISOメージファイル、フォルダにオーサリングできます。
  • ネットでダウンロードした好きなMKV動画を自宅の大画面テレビでハイビジョンで鑑賞することを可能にします。
  • 高画質を維持したまま多彩なメニューテンプレートでメニュー作成やブルーレイ編集・カスタマイズも可能です。
  • この強力なブルーレイ作成ソフトの操作も簡単で、一切のファイル形式の知識は全く必要なく簡単に利用できます。
  • DVDFab Blu-ray作成でMKV動画からBlu-rayに書き込めば、作成したBDをBlu-rayプレイヤーで簡単に再生できます。

★DVDFabBlu-ray作成を使ってMKVファイルをBDに書き込みする方法:

STEP1:Blu-ray作成ソフトを実行しメニューの中から「Blu-ray作成」モジュールを選びます。

MKV BD 書き込み

STEP2:BDにオーサリングしたいファイルを左上の「ローカルソースを追加」或いはインターフェイスの真ん中の「+」で追加します。

MKV BD 書き込み

STEP3:作成したいファイルをカスタマイズします。インターフェイスの「詳細設定」にて画質などの設定ができ、「メニュー設定」のボタンでは画像、テキストなどの追加や調整ができます。「プレビュー」ボタンでは効果を確認できます。

MKV BD 書き込み

MKV BD 書き込み

STEP4:左下に「出力先」を設定してから、右下「開始」のボタンをクリックすると自動的にMKVからBDへの書き込みが始まります。タスクリストではタスクの進捗を確認できます。

 4. ほかのMKV BDオーサリングソフトまとめ

DVDFab Blu-ray作成の他にも、適切なMKV ブルーレイ書き込みソフトが沢山あげられます。以下ではいくつかを選んでから簡単に述べるので、自分のニーズに応じて自由に選択しましょう。

こうして、MKVからBDへのオーサリング作業が完成しました。DVDFabBlu-ray 作成を使えば、MKVだけでなく、MP4、HDビデオカメラ映像、iPhone MOVビデオ、及びその他各種の汎用SD ビデオをブルーレイディスクに又はAVCHD DVDに作成するか、それに後でコンピューターにバックアップするためにISOファイルまたはフォルダに書き込むことがでます。MKVのブルーレイディスク化は比較的簡単に出来るようになるでしょう。

 4.1 MultiAVCHD

MKV BD 書き込み

MultiAVCHDは動画をオーサリングできるソフトで、動画を「BDMV」ブルーレイに直接に変換できるオーディオツールでもあります。MultiAVCHDは動画を「BDMV」ブルーレイに書き込む一般の対処法として、広く用いられています。MultiAVCHDは機能性がたっぷりで、多くの便利な機能のおかげで様々な形式の動画からブルーレイやDVD形式に変換するのが強いです。ただし、機能性が高いの分、使用者の専門知識に対する要求も高くなります。初心者ではMultiAVCHDを使ってMKVをBDに書き込みのが難しすぎるかもしれません。

 4.2 ImgBurn

MKV BD 書き込み

ImgBurnは対応するメディアの幅広さ、高い品質や実用性のため、日本でも人気が高いです。ブルーレイやDVDビデオに対してのオーサリングや音楽CDの作成するのに優れていて、イメージファイルの作成にも対応しています。無料のソフトとして、有料ソフトのほど実用性が高く、処理したファイルの品質も保証できます。このMKV BD書き込みソフトを利用して、MKV動画ファイルの内容をBlu-rayディスクにしてオーサリングすることができます。

 4.3 BurnAware Free

MKV BD 書き込み

BurnAware Free は多機能て使いやすいMKV BD書き込みのできるフリーライティングソフトです。、Blu-ray ディスク、CD、DVD、ISO イメージファイル、ブータブルディスクに対応して、作成・オーサリング、書き込み、ディスクコピー、データーのバックアップ、RWディスクの内容消去、ISO イメージファイルからのファイル抽出、などのことができるので、機能の多いMKV BD書き込みソフトです。操作は難しくではなく、初心者でも使えると同時に、専用画面のツールバーのオプションで詳細な設定も可能で、上級者にもプロな作業ができます。

 4.4 Xilisoft ブルーレイ作成

MKV BD 書き込み

Xilisoft ブルーレイ作成はもう一つの素晴らしいMKV BD書き込みソフトとして最後におすすめしましょう。このXilisoft ブルーレイ作成ソフトは、MKVを含みほぼすべての動画ビデオフォーマットに対応し、Blu-rayディスク、ISOイメージ、またはDVDに書き込むことができます。そして、 HDビデオカメラのビデオをブルーレイディスクにも書き込みすることもできます。さらに、クリップ、クロップ、オーディオの選択、字幕の追加、ウォーターマークの追加、特殊効果の追加などのビデオ編集することや、オリジナルの動画品質も保持できます。

 5. まとめ

この記事では、日常生活で常に見られるMKVファイル(「Matroska(マトリョーシカ)」)の各方面から詳しく説明しました。さらに、汎用性の高いMP4と比較しながら、MKVの優越性とMKVをBlu-rayに書き込みするメリットも紹介しました。さらに、一番見せたいのは最強のMKV BD書き込みソフトDVDFabBlu-ray作成です。このソフトが有れば、MKVはもちろん、ほかのあらゆるの動画ファイルをBlu-ray Discに高画質に作成できますので、ぜひお試して、MKV動画をハイビジョンなブルーレイにして楽しんてください。

最後に、この記事は

MKV動画ファイルをブルーレイにオーサリングする方法~MKVをBDに書き込みソフトまとめから転載されました。

ビデオDVDとデータDVDの違いは? DVDビデオをオーサリングす方法もまとめ~

要約: DVDを購入、使用する時、様々な種類の中どんなのを買うのかに決める前に、DVDの種類や各特徴に知っておく必要があります。本記事では、DVDの用途に基づいて、DVD・ビデオの特徴を説明し、ビデオDVDとデータDVDの違いを紹介し、さらにDVDを書き込みするや自分でDVDを焼く方法を教えます。

DVDメディアを購入する時、DVDの類型が多くあるのを見て、迷うときはあるでしょう。実は、DVDメディアを購入する時、用途をはっきりしてから購入することをおすすめです。

 1. ビデオDVDとデータDVDとは?

dvd・ビデオ

外見が同じくDVDディスクであるとしても、機能で分けると「DVD-R」、「DVD-RW」、「DVD+R」、「DVD+RW」、「DVD-ROM」などがあり、用途によって録画用とデータ用なものもあるように、DVDには様々な形式・種類があります。

ですので、間違えて購入し、無駄遣いしないように、DVDを購入する前に、利用する用途やお使いのDVDドライブがDVDの規格、種類に対応しているのかなどの項目をチェックしておく必要があります。なお、録画用のビデオDVDとデータ用のデータDVDの違いにも区別して、注意を払いながら自分の使用目的に適したDVDを選んだほうがおすすめです

まずは用途を基準にして、2つの主なDVD種類を区別して紹介しましょう。

 1.1 DVD・ビデオやビデオDVDとは

DVD・ビデオ(DVD-Videoとも言う)とは市販やレンタルのDVD に使用される形式で、DVD-ROM規格のメディアに導入するビデオを収録したものを言います。DVDビデオ方式は市販されるDVDソフトに大量に使われる規格として、再生には簡単で、DVDプレーヤーやパソコンなどで再生できます。ただし、高度なメニューの作成や複数の言語・音声・字幕の収録などには対応しますが、DVDビデオには編集機能はありません。表記については、ソニーのビデオDVD(for VIDEO)を例にして、「ビデオ用」や「for VIDEO」という記載があり、録画時間(例:120min)も表示されています。

dvd・ビデオ

また、ビデオDVDはCPRMに対応しているDVDディスクです。普通BSデジタル放送や地上デジタル放送などで放送されている番組は、コピーを制限するコピーガードがかかっています。録画用のDVD-R/RWとDVD-RAMなどのほとんどのビデオDVD製品には、CPRMという著作権保護技術が組み込まれています。ですので、CPRM対応のビデオ用DVDしか『1回のみ録画可能』な番組の録画はできないです。

ビデオDVDはビデオ用のDVDのとこで、その主な利用形式はDVDレコーダーです。DVDレコーダーではDVD-R/DVD-RWディスクを中心に導入されており、市販ソフトほどの高度な内容ではありませんが、メニュー、タイトル、チャプターなどの簡単な編集機能を備えるものがあります。DVDレコーダーで記録したビデオをDVDディスクに書き込みし、家庭用のDVD、BDデッキからコピーする場合に使用されるが、録画目的でつくられた規格ではないため、専用のDVD書き込みソフトの助けが必要としています。

 1.2 データDVD・データ用DVDとは 

データ用DVDは映像をデータファイルとしてDVDに収めたもので、主にパソコンを介にして使用されるDVDメディアのことです。データDVDはデジタル放送の記録をすることはできません。しかしデータ用DVDはパソコンでデータをコピーする場合に使用できます。データDVDで書き込みという場合、後からパソコンで映像を編集したり、DVDディスクにファイルを追記することができます。

dvd・ビデオ

データDVDの再生は主にパソコンで行えます。お持ちのDVDプレーヤーで再生する場合は、DVDに書き込まれたデータの形式に対応している必要があります。DVDに書き込んだデータを、後からパソコンで編集したり、ファイルを追記したりことができて、こういうニーズのある方はにとっては、データDVD形式で作成するのが便利です。

 1.3 ビデオDVDとデータDVDの違い

ビデオDVDとデータDVDの違いについてこれからまとめます。大体は以下のような違いがあります。

  ビデオDVD(For Video) データDVD(For data)
用途 テレビ番組などを録画するDVD パソコンのデータなどを記録するDVD
主な対象 市販やレンタルのDVD データファイル化される映像
再生方法 DVDプレーヤー、パソコンの専用DVD再生ソフトなど、DVDプレーヤーの多くで再生互換性がある パソコンで再生。再生交換性が少ない
コピー機能 CPRM著作権保護に制限され、保護解除しないとコピーできない パソコンで簡単にコピー
編集機能 不可 可能

 2. DVDを書き込む前にDVD類型に注意

ビデオDVDとデータDVDまとめて、DVDの書き込み方法に入る前に、DVDの類型に関するものをもっと話しましょう。DVDビデオDVDもデータ用DVDも、おおよそDVD-R / DVD-RW / DVD-RAMの3種類があります。つまり、ビデオ用やデータ用にもかかわらず、DVDには基本的にDVD-R / DVD-R DL / DVD-RW / DVD-RAMなどの種類があげられます。さて、DVDディスクのタイプとしてのDVD-R / DVD-R DL / DVD-RW / DVD-RAMは何のことでしょうか。

dvd・ビデオ

DVD-R / DVD-RW / DVD-RAMは書き込み可能性によって区別されています。具体的に言うと、DVD-RのDVDは1回だけ書き込み可能なディスクです。それと反対に、DVD-RWのDVDは繰り返し書き込み可能なディスクで、通常のディスクには保存できない著作権で保護されたデータなども保存することも可能です。そしてDVD-R DLはDVD Rと同じように一度のみの書き込みに対応し、容量がRの4.7GBのおよそ2倍で8.5GBとなります。DVD-RAMのDVDはDVD-RWのように繰り返し書込み可能ですが、再生環境がその開発者Panasonicとごく一部のメーカーのデッキでしか対応していないため、DVD-RWとは少々違っていて、Panasonic開発のDVDタイプなんです。

DVD-RやDVD-R DLの規格ディスクにたいして、基本的にはどこのメーカーのどのドライブでも、問題なく書き込みと読み込みが行えますが、DVD-RWの場合では、一部の製品にしか対応していないこともに注意をしなければいけません。ですので、DVDに書き込む前に、お使いのDVDの規格とDVDドライブやDVDプレイヤーの規格を確認して、それぞれが対応しているかどうかを確認する必要があります。

 3. DVDをコピーする方法

DVDをコピーするのは大きなメリットがあります。DVDメディアの鑑賞することを便利にし、楽しさを増えるとともに、大切なDVDを保存するにも有利です。ここでは、業界最強のDVD書き込みソフトをおすすめしましょう。

Windows10でDVDに書き込みをしたい場合に利用できる最も強力で便利なソフトがDVDFab DVDコピーです。コピーガードを簡単に解除できる機能が備えるため、購入したDVDのバックアップを取りたい場合や市販のビデオDVDをコピーして保存したい場合にも簡単にコピーできるソフトです。6つのコピーモードで使いやすいポイントの上、高速しかも高画質にカピーするのは、ビデオDVDの価値を最大化できるのでしょう。

 

有料版は機能たっぷりのうえ料金もいりますが、今では30日間で全機能を体験できる無料体験版もご提供されています。試用したあと機能に満足し購入を考える場合にも、50%OFFの値引きで購入するのもお得です。それでは、DVDをコピーする方法をみましょう。

 

STEP1:まずはすぐに最強のDVD書き込みソフトを無料ダウンロードしましょう!

STEP2:ソフトをダウンロードしてインストールし、ダブルクリックで実行すると、上のツールバーに最左の「コピー」モジュールを選択しなさい。そして「+」や「追加」ボタンで書き込みしたいDVDをパソコンに挿入するか、ISOファイルの場合はドラッグ&ドロップして、ソースを自動的な読み込むを待ちます。

dvd・ビデオ

STEP3:左のところに好きなコピーモードを選択します。すると、出力DVDの形式(DVD5或いはDVD9)、画質などは「詳細設定」のタブでお自由にカスタマイズしましょう。

dvd・ビデオ

STEP4:全てが設定したあと、左下の「出力先」でISOファイル、DVDフォールだに設定するか、新たなDVDを挿入してソースを複製する場所を用意するか、コピーする準備をします。そして右下の「開始」ボタンを押して、DVD書き込みを開始します。

dvd・ビデオ

 4. ビデオをDVDにオーサリングする方法

ビデオをどのようにDVDに作成しますか。ここではもう一つ良い解決策をご提供しましょう。DVDFab DVD作成が高画質に高速で動画ビデオをDVDにオーサリングできます。

DVDFab DVD作成 は動画をDVDに保存したい場合に最適なソフトとして、あらゆるビデオ・動画をDVDに自由にオーサリングできます。動画の品質をオリジナルでロスレスで保留したまま、高速にDVDに書き込める最良なDVDオーサリング対処法です。複数の動画を同時に作成できるだけでなく、再生する時の再生順も設定できて、さらに出力するDVDに字幕、文字、画像なども追加され、動画をDVDに高度な自由度で作成できます。

ビデオをDVDにオーサリングする方法も簡単です。

 

ソフトをダウンロードしてインストールし実行したら、インターフェイスの上のツールバーに「作成」モジュールを選択し、左のモードで「DVD作成」のモードを選択しましょう。

dvd・ビデオ

すると、画面の中央にある「+」ボタンでオーサリングしたいビデオをロードしましょう。

dvd・ビデオ

STEP3:動画がロードされると、画質や出力するDVD類型を指定すると、インターフェイスの「詳細設定」タブにて各設定を調整します。

dvd・ビデオ

さらに、画像や文字を出力するDVDに追加したい場合、「メニュー設定」を利用してお好きなようにカスタマイズしましょう。

dvd・ビデオ

STEP4:左下の「出力先」で出力するDVDの形式(イメージ化ISOファイルかフォールだか)や出力場所を設定し、右下の「開始」ボタンを押せば、ビデオからDVDへのオーサリングプロセスを待てばよいです。

dvd・ビデオ

 5. まとめ

本記事では、ビデオDVDとデータDVDの区別を明らかにしました。どうでしょう、DVDについてはまた新しいものやもっと詳しい情報をお分かりになっていますでしょう。手元に永遠の宝ものにしたいDVDがあれば、ぜひ本文でおすすめしたDVD書き込みソフトをりようして、自分のDVDにして大事にしましょう!動画のDVDへの書き込みが完了した後、プレーヤーで再生することができます。DVDFab プレーヤー6は動画ファイルだけでなく、今回作成したDVD や市販のビデオDVDも高画質で再生できて、すごく便利なので、ぜひご利用ください!

最後に、この記事は

ビデオDVDとデータDVDの違いは? DVDビデオをオーサリングす方法もまとめ~から転載されました。

CDとDVDはどう違いますか?CD DVDの書き込み方法解説!

 要約: この記事では、CDとDVDという2つの違っているディスクメディアソースを比較しながら、CDとDVDの種類と特徴を詳しく説明します。すると、CDとDVDの違いをはっきりしたいと思います。さらに、CDとDVDを書き込みするのに使われる便利なツールを紹介し、CDやDVDを書き込みする方法を教えます。

光学ディスクには「CD」「DVD」「BD(ブルーレイ)」という3種類があります。CDとDVDには直径12センチと8センチのサイズ展開がありますが、ここでは一般的な12センチサイズのディスクを中心にご紹介しましょう。

 1. CDとDVDの種類と特徴

cd dvd

CDとDVDは以下のような種類があります。

  • CD:CD-R、CD-RW、CD-ROM
  • DVD:DVD-R、DVD-R DL、DVD-RW、DVD+R、DVD+R DL、DVD+RW、DVD-RAM、DVD-ROM

CDは「Compact Disc」から略称され、650~700MBの記憶容量をしている主に音楽データを記録する光学メディアです。DVDは「Digital Versatile Disc」の略称で、録画用や動画、画像などのデータを記録するために利用される光学ディスクです。CDとDVD両方とも用途に分けて2つの用途のタイプがあります。CDでは音楽用とデータのバックアップ用で、DVDでは録画用とデータバックアップ用という2つの用途で分かれています。

そして、DVD-Rのように、「-R」、「-RW」、「-R DL」、「-RAM」などのCD/DVDの「接尾語」はなんの意味をしているのかについても説明しましょう。一般の状況では、これらの接尾語は書き込みする可能性を語っているのです。具体的には以下のように:

  特徴
-R 一度だけ書き込みができるディスクのこと。書き込んだ情報は削除できません。書き換えができないため、長期保存などに適しているメディアのタイプなんです。
-R DL 「-DL」は片面2層を意味しています。容量が2倍になった一度だけ書き込みができるディスクです。書き込んだ情報は削除できません。
-RW 繰り返し書き込みができて、書き換えも削除も可能なタイプのこと。1000回程度の書き換えが可能です。(DVDには、DVD-RWとDVD+RWがあります)
-RAM 繰り返し書き込みができるディスクで、書き換えも削除も可能です。1万回程度の書き換えが可能です。(DVDのみで、CD-RAMは存在しません)
-ROM 読み込み専用のディスクで、-ROMドライブでしか書き込みはできません。

例えば、CD-RとDVD-Rも一度だけ書き込みができて、書き込んだ情報が削除できないメディアです。。CD/DVDを見る際、その類型を判断する時以上の基準にして判断するのも大体問題はないでしょう。そして、CD/DVDを購入する時、用途に応じて、必要なタイプを選んだほうが効率的だと思います。それに、書き込みや読み込みする際には、各類型に対応するドライブが必要なので、例えばDVD-Rを書き込みや読み込みするには、DVD-R対応のドライブを準備したほうが良いです。

 2. CDとDVDの違い

CD DVD

以下では、CD-RとDVD-Rを例にして、CDとDVDの違いを説明しましょう。

① 記憶容量の違い

CD-RとDVD-Rでは容量が違っています。CD-Rは一度だけ書き込みができるディスクで、容量はあまり大きくなく、一般的に650~700MBの程度です。ちなみに、CD-R、CD-RW、CD-ROMの容量はほぼ同じく650MB、700MBほどで、書類などのデータや音楽データの保存に適しています。それと反対位に、DVDの方では、片面1層と片面2層があります。片面1層のDVDでは4.7GBの容量で、片面2層では2倍になり、8.5GBか9.4GBに達します。

CD DVD
出典:種々の光ディスクの記録密度(http://www.nedo.go.jp/hyoukabu/articles/201001sony/img/p2_img2_l.jpg

② 用途・使い分けの違い

CDディスクには「音楽用」と「データ用」という2のタイプがあります。音楽用のCDは音楽を記録と再生するのために作られた規格として、上乗せされる「私的録画補償金」のもとに販売されています。その「私的録画補償金」も含まないCDではデータ用のCDとほぼ同じもので、パソコンでの音楽や曲を記録するために広く使われています。

DVDの方では、種類は一層おおくありますが、用途別に分けると、同じくして録画用とデータバックアップ用という2つの類型に分けています。録画用のDVDディスクは地デジのテレビ番組を録画するために広く使われるディスクで、CPRMに対応し保護されているので簡単にはコピーできませんが、パソコンでのデータ記録用として使われても大丈夫です。一方、「データ用」のDVDディスクは主にパソコンでデータを記録する場合に使用され、CPRM不対応なディスクで、テレビ番組の録画用としてはできません。

CD DVD

③ データの書き込み処理可能性の違い

CDでは、書き込んだないようを繰り返し書き消しのできるCD-RWだけが、データの書き込みや消しができます。CD-RとCD-ROMではデータの書き込み、データ消しするのはできません。それと反対に、DVDでは種類を問わずに、データの書き込みはできます。だたし、書き込みする時にCPRMに対応可否かにより、処理する方法も違っています。

 3. CDとDVDの書き込み方法

記録メディアとしてのCD、DVD、Blu-rayという光学ディスクは、ディスク表面のトラックにレーザー光線を照射することにより情報やデータを読み書きして記録をするというものです。ですので、光学ディスクも「光ディスク」「光学メディア」という別名で呼ばれます。よく耳にする「ディスクに焼く」というのは、ディスクのレーザー光線を照射してデータを記録することに由来しています。

CD DVD

簡単的に言うと、「書き込み」というのはメディアソースをディスクに作成すること、つまり、音楽、写真、ビデオをパソコンを使って空きの CD や DVD にコピー・バックアップする操作を指します。もちろん、CDから空きのCDへ、DVDから空きのDVDへのコピーすることも書き込みと呼ぶのもいいです。それと反対に、「取り込む」というのはディスクからメディアソースを取り出して、パソコンにコピーして保存することです。つまり、CDやDVD中のビデオ、画像、音楽などを取り込みして、パソコンに移転することを指します。では、CDやDVDをソフトを使って書き込みする方法を学びましょう。

 3.1 MediaPlayerでCDを書き込む方法

CDを書き込むには、パソコンでよく実装されるMediaPlayeが役に立ちます。

cd dvd

Windows Media Player12を使用すると、パソコン内に保存されている好みの曲や音楽ファイルを選んで、オリジナルの音楽CDを作成することができます。それではWindows Media Player12ソフト、空きのCD-RディスクまたはDVD 書き込み用ドライブを準備して、曲をCDに書き込みする方法を見ましょう!

① CD-Rドライブに、書き込み可能な CD-R をドライブに挿入します。

② Windows Media Playerをダブルクリックして実行します。

③ 書き込みリストに楽曲を追加し、並び替えます。
書き込みしたい楽曲ファイルが保存されているフォルダを開き、右クリックすることで、表示されるメニューから「追加」→「書き込みリスト」の順にクリックします。

cd dvd

楽曲をドラッグすることでも、リストに追加できます。それからあとの曲、繰り返して追加すると、「書き込みリスト」欄に、楽曲が追加されたことを確認します。また、曲をCDの再生順を調整したいなら、順番を変更したい曲を右クリックし、表示されるメニューから「上へ移動」または「下へ移動」ができます。削除したい場合も同じく、曲を右クリックしては削除できます。

cd dvd

④ CD に保存するのを開始します。
「書き込みの開始」ボタンの横にある ▼ を押し、表示されるメニューから「オーディオCD」をクリックして、作成する CD のデータ形式を選択します。

cd dvd

「書き込みの開始」ボタンをクリックすると、完了のを待ち、自動的に排出されるCDを取り出して、曲からCDへの書き込みは完成できます。

 3.2 DVDを書き込み最強のソフトDVDFabでDVDを作成する方法

ビデオや一般的な動画ファイル形式からDVDへ作成するには、やはり業界一のDVDFabがおすすめです。DVDFab12はDVDからDVDへのコピー、DVDから動画ファイルへのリッピング、動画ファイルからDVDへの作成、動画から他の動画形式または音声ファイルに変換など、多様なメディアソリューションになれます。

DVDFab DVD作成 は各形式の動画ファイルからDVDにオーサリングできる最強のDVD作成ソフトです。複数の動画を同時に処理できると同時に、音質や画質をしっかりと維持できるというメリットで、動画ファイルをDVDに書き込むのに最適なソリューションです。DVD作成フリーソフトではないが、30日間に機能制限無しでDVDの書き込みを支持するので、無料ソフトとして使われるのも良い選択です。

 4. まとめ

CDとDVDは違うエンターテイメント方式で、多彩な生活を送っているのに役に立ちます。CDやDVD書き込みソフトを使って、お好きな曲やビデオをCD、DVDに書き込みや作成するのも便利で、ディスクに作成すると永久な思い出にもなるし、ハイビジョンで高質量で楽しめます。

ただし、音楽CDや映像DVDからの複製について、個人で視聴を楽しむ目的以外、著作権法上、無断で複製することは禁じられています。音楽CDから楽曲を、または映像DVDにビデオをコピーし、無料で配布したり、営利目的で使用したりすることは法律違反なので、ご遠慮ください。

この記事は

CDとDVDはどう違いますか?CD DVDの書き込み方法解説!から転載されました。